会長あいさつ

 私たちは,「養護教諭は教育者である」という自覚のもと,児童生徒及び幼児の健康教育に関する研究ならびに会員の資質向上をはかることを目的として活動しています。 
 本研究会は,昭和23年に発足して70年余りの歴史があります。その間,時々の社会環境に応じて,子どもたちの変化を敏感に感じ取り,健康課題解決に向けて研究を続けてきました。 
 京都市立学校(園)・京都教育大学附属学校(園)の養護教諭が所属する25支部の支部研究,総合支援学校7校のグループ研究,志が集まって行う公募研究において,研究活動を進めています。研究や交流を通して,養護教諭同士が繋がり,「一人職だけれど一人ではない」ことを実感できる研究会を目指しています。 
 このコロナ禍であっても,子どもたちのためにできることを模索し研究を続けており,養護教諭の仲間と繋がり常に交流しています。本研究会に,ぜひご参加いただき共に学び合いましょう。

 

        京都市養護教育研究会

                                会長 土井 早苗

         (連絡先 京都市立元町小学校) 

令和4年度のお知らせ
公募研究
近畿養護教諭研究協議会
保健室訪問